今日の絵本

菊池 清 /作・絵

冨山房

きょうは クリスマスイブ。

けんちゃんに にもつがとどきました。

プレゼントかな?

ワクワクしながらがらあけてみると

やさいがたくさん つまっていました。

「あれれ ぼくのきらいなやさいばっかりだ。」

でも なかには サンタさんからの てがみも はいっていました。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「プレゼントが野菜?実は大喜びです」

「ちょき ちょき ぱちん 切り絵が楽しい。なるほど~」

「おまじないの言葉は、いち にい サンタ!」

「また来年ね!と楽しさがつながる」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

イ ヨンギョン さく・え

かみや にじ やく

福音館書店

むかし あたまに あかてぬぐいを かぶっている おくさんがいて、

「あかてぬぐいのおくさん」と よばれていました。

あかてぬぐいのおくさんは、おはりが とても じょうずでした。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「赤い色が印象的です」

「裁縫セットの七人のプライドの戦いが楽しい」

「ものさしふじん、はさみおじょうさん、はりむすめ、いとねえさん、

ゆびぬきばあさん、のしごておとめ、ひのしねえや、個性が垣間見られるネーミングです」

「見返しを縦に見るのが、ダイナミック!」

「紙の色合いが自然の地色です」

「この絵本をあなたにで、ルビーさんに温泉さんが選んだ本です」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

 ターシャ・チューダー

ないとうりえこ 訳

メディアファクトリー

絵の中に、24枚の扉がかくれています。

12月1日から24日まで、毎日一枚ずつ扉を開けてください。

扉を開けると、なにがかくれているか、わくわくどきどき!

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「ターシャの家では、今日からがクリスマスシーズンの始まり。サンタクロースの誕生日だそうですよ」

「アドベントカレンダーは、何がかくれているのか、毎日窓を開けるのがとても楽しみ

「1850年の家宝のガラス玉や、1898年の結婚式の太いみごとなサテンなんて、当時どれほど貴重だったことか」

「大切に守り継ぐすばらしさを教えてくれます」

「さあ、クリスマスまで3週間!楽しみですね」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

From Head to Toe

エリック・カール さく

くどう なおこ やく

偕成社

ぼくは ペンギン

あたまを くるんと まわせるよ

きみは できる?

できるよ できる

くる くる くるるん

I am  a penguin

and I turn my head.

  Can you do it?

I can do it!

 

⁂ 葉っぱです。 

クリスマスプレゼントにもらったのは、洋書の大型絵本です。ひらいてみたよ~*

「たて 46.5㎝ よこ 34.5㎝の大型絵本、迫力ありますね」

「絵本の会のおはなし会で何度も取り上げた1冊です」

「ペンギン・キリン・バッファロー・さる・あざらし・ゴリラ

ねこ・わに・らくだ・ろば・ぞう・にんげん」

「メンバーがそれぞれに担当して動物のまねっこ、みんな上手でしたね」

「らくだの膝カックン、ろばのけりあげ、人間のつま先も器用でした^^」

「ページをめくれば、みんなの笑顔や笑い声も響くよ!」

「わたしは、バッファローのまねっこ、できるよできる 肩 あげ さげ あげ さげ」

「これだけで、運動不足解消に?!」

「I can do it !」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

 

 

 

 

エミリー・ジェンキンス 

ソフィー・ブラッコール

横山和江

あすなろ書房

おかあさんも、おばあちゃんも、そのまたおばあちゃんも、

300年前から食べていた とびきりおいしい内緒のデザートの作り方とは、

いったいどんなのでしょうか?

4つの場所の4つの時代。ブラックベリー・フールをめぐる4つの物語です。

 

⁂ラムままです。

絵本の会のクリスマス会でプレゼントにもらった絵本ですひらいてみたら~*

「ハンドミキサーなんてない時代に、道具を工夫してかきまぜ、かきまぜ泡立てたんだね」

「冷蔵庫もないのに、どうやって冷やしてデザートを作ったのか分かりました」

「時代によって家族の在り方も違ってくるね」

「黒人のメイドさん。奴隷制など考えさせられる面もあるね」

「現代はお父さんや男の子が作ってくれて。やっぱり時代なのかな?」

「”わぁ。すっごくおいしいね。なんて、すてきな、あとかたづけ!” わたしも食べてみたい!」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
トップへ戻る