今日の絵本

 長谷川摂子 文  

 

矢間芳子 絵・構成  

 

福音館書店

 

わたしは き。 さくらの き。 なまえは ソメイヨシノ。

もうすぐ はなが さきます。 まっていてください。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

たのしみ。たのしみ。きれい!」 

「ソメイヨシノのはる、なつ、あき、ふゆがわかるわ」

「蜜を吸いに来るヒヨドリ。うちにも来るよ!」

「つぼみのピンクが割れるとうれしい」

「弘前公園は、花芽が10個も付いてぼんぼりみたいな花が咲きますよ〜!」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

 ゆのき ようこ 文  

 早川 司寿乃 絵  

 

  理論社

絵本〈気になる日本の木〉シリーズ

 

春になりました。 桜の木では、花芽がふくらんで、

つぼみが顔をのぞかせています。 てんぐさんが案内役です。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「青森にも ようやくさくらの便りが やってきます!」      

「桜は好きだけど 初めて知ることばかりだったわ。」

 「桜の秘密がわかるね。」

 「桜前線という言葉や、桜の花がいっせいに咲くということって、

 考えてみれば不思議なことだったんだね。」

 「これを読むと 桜を見る目がかわりそう~  お花見楽しみ。」

 「和の装丁が素敵。」

 「日本の木シリーズ、いいね。機会があれば ほかの木の本も。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

「365日絵本をひらけば」

2018年4月1日~2019年3月31日までの1年間

毎日一冊 「今日の絵本」を紹介しました。

私たちの思い出深い本、楽しい本、美しい本、お気に入りの本を、

私たちの住む青森の季節に合わせて、一冊、一冊、みんなで読みあいながら、

わいわい楽しく コメントしました。 その記録でもあります。

*ぜひ、あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

 

エリック・カール さく

偕成社

つよい風にのって 花のタネたちは 空中にとびちり

とおいところへ はこばれていきます。

たくさんのタネの中に、とくべつちいさい タネがひとつ。

さあ、このちいさいタネは、どこまでとんでいくのでしょう。

 

葉っぱです 

「この絵本をあなたに」で、温泉さんが私のために選んでくれました。 ありがとう!*

エリック・カールの鮮やかな色彩、コラージュの絵本です。 

元気がでます。

旅のさまざまなきけんを乗りこえた ちいさいタネは、

やがて春になり、芽を出し、ちいさな草に。そして、

太陽の光と雨のめぐみをうけて、ずんずん大きく みごとな花を咲かせました!

生の複雑さやむずかしさ、つながるいのちの喜びも教えてくれます。

花のまわりは、ことりや はちや ちょうちょうたちで 大にぎわい。

まるで 絵本を囲んで笑顔がはじける、私たち絵本の会の例会のようです^^

「365日絵本をひらけば」今日の絵本は、ここでおしまいです。

たくさんの絵本のタネが、どこかで だれかの心に届いていますように。

そして、日々の暮らしの彩りや力となりますように。

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

ピエール・プロブスト さく

やました はるお  やく

BL出版

夏休みにパリに行ったカロリーヌと8ひき。

ピトーが風船と飛んで行ってしまうなどのハプニング続出。

でも、パリの街中をしっかりたのしんで観光。

お父さんとお母さんに報告するカロリーヌの手紙でお話しが進んでいきます。

 

 *ぺこぺこです。

「この絵本をあなたに」で、yoshikoさんが私に選んでくれた一冊です。

私たち絵本の会のパリ旅行はマドレーヌちゃんの絵本を楽しみながらの旅でしたが、

こちらの絵本の方が観光にはぴったり。

旅はハプニングがあったり、大変だったりしたことの方が 忘れられない思い出になると 常々思っているので、

カロリーヌの旅はその点で最高。そして、大事なのは一緒に旅する友!その点でも8ひきは最高の道連れです。

そういえば、フランスからの留学生が「あら、カロリーン」と懐かしがっていて、フランスでもながーく愛されているみたい。

孫とこのシリーズを楽しんで、今度は3世代でパリに旅ができますように。

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
トップへ戻る