今日の絵本

51LBY2NcsFL._SY449_BO1,204,203,200_[1].jpg

ユリ―・シュルヴィッツ 作・画

瀬田貞二 訳

福音館書店

おともなく、

しずまりかえって、

さむく、しめっている。

みずうみの きのしたに

おじいさんとまごが

もうふでねている。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「見返しのグラデーションが素敵!」

「絵が丸の形で、ふちのにじみが、和紙のような雰囲気ね!」

「この絵本のモチーフは、唐の詩人 柳宗元の詩『漁翁』によるものだそうですよ。」

「煙がたなびいている場面、あのようにまっすぐの煙って、たきびの名人なんですって。」

「最後の場面は、感動的! 一瞬にして何もかもが、いのちの輝きに包まれる。

「学生時代、十和田湖畔にキャンプした思い出がよみがえります。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

 

 

 

51XDR6SH8JL._SX469_BO1,204,203,200_[1].jpg

谷内 こうた

あすなろ書房

ねころんで そらを みよう

さかさまに そらを みよう

おおきなそらに おちてゆく

いけにうつる そらを みよう

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「空を見る、いろいろな場面があるね。」

「水に映る空が素敵!」

「雨上がりのみずたまりに映る空。すきだな~

「私たちはそらを みよう!と意識しているかしら?」

「今日から7月です。 今日のそらは?

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

61NFQHSA54L._SY443_BO1,204,203,200_[1].jpg

モーリス・センダック さく

じんぐうてるお やく

冨山房 

あるばん、マックスは おおかみの ぬいぐるみをきると、

いたずらをはじめて

おおあばれ・・・

おかあさんは おこった。「このかいじゅう!」

マックスは まけずに、「おまえを たべちゃうぞ!」

とうとう、マックスは ゆうごはんぬきで、 しんしつに ほうりこまれた。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「線が、こまかいね。」

「色が、深い。」

「かいじゅうのぬいぐるみも あったね。」

「センダックの絵本、結構読んだよ。楽しめる時期があるかな。」

「センダックの世界は、子どものほうが単純に入り込めて楽しんでいるね。」

「おいしいにおいに呼び戻されるまで、想像の世界で、たっぷり」

「あー、ゆうごはんがあって、よかったね。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

41W9S0N05HL._SY462_BO1,204,203,200_[1].jpg

まつおか たつひで

ポプラ社

かえるが・・・   ぴょーん

こねこが・・・   ぴょーん

いぬが・・・   ぴよよよよーん

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「こんなに小さな本だったんだ~と思った」

「大型絵本にもなっていて、そっちを知ってるせいかな。」

「単純だけど、迫力のある絵だね。」

「つぎはなにかな~と楽しいね。」

「正方形の本を縦に開くのが楽しいね。」

「子どもをおひざに乗せて読みたいな。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

51FVK15JF2L._SY357_BO1,204,203,200_[1].jpg

加古里子 さく/え

福音館書店

だるまちゃんが そとに あそびに いこうとしたら

あめが ふってきました。

かさをさしてでたら へんなものが おちてきました。

そしてーーー ぴか ぴか ごろごろ がらがら どしんと

ちいさな かみなりちゃんが おちてきました。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

ケンケンパーがあるよ。福井のかこさとしふるさと絵本館 に行ったときあったねえ。」

「かみなりちゃんの住む所、かみなりまち いなずまどおり ごろごろばんちは 未来都市だね。」

「1968年初版だから、当時の描き方としては ゆめいっぱい、素晴らしいね。」

「かみなりちゃんの身の回りは、なにもかもカミナリ型って楽しいね~さすが かこさんです!」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
トップへ戻る