今日の絵本

61MOurSfPOL._SY408_BO1,204,203,200_[1].jpg

アンドレア・ユーレン 作

千葉茂樹

光村教育図書 

 

月曜日の朝

よあけを待たずに家を出て、

町へといそぐ、メアリー・スミス。

ゴムのチューブに豆をこめ、

ふいてとばす、その仕事とは?

 

*ルビーです。

「この絵本をあなたに」で、にゃんこさんが私のために選んでくれました。ありがとう!*

 この絵本で「ノッカー・アップ(めざまし屋)」という仕事を始めて知りました。

しかも、メアリー・スミスはロンドンに実在していた人物というから驚きです。

 豆を窓に飛ばして、そのぶつかる音で人を起こすなんて、どれだけすごい肺活量なんだろう!

メアリー本人はどうやって毎朝起きてたんだろう?と、興味津々です。

起こされた人は起きたしるしに顔を出す、というのも納得ですね〜

 世の中は、いろんな人のいろんな仕事で成り立っている、と全ての人に感謝したくなる本です。

(なんと、市長さんまで起こしてもらってるんですよ!)

*あなたも絵本をひらいてみてね〜*

トップへ戻る