今日の絵本

スーザン・バーレイ さく え

小川仁央 やく

評論社

アナグマはかしこくて、いつもみんなにたよりにされています。

こまっている友だちは、だれでも、きっとたすけてあげるのです。

それに、たいへん年をとっていて、知らないことはないというぐらい、

ものしりでした。 アナグマは、自分の年だと、死ぬのがそう遠くないことも、

知っていました。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「読み終えて、しばらくは言葉が出ませんでしたね」

「ちょうど自分に重なることがあったので、想いは深いです」

「でも、残してくれた物の大きさや豊かさをおもい、悲しみは消えていったね」

「しみじみと思い出を語り合えることは、幸せなことだね」

「死ということ。そして死への向き合い方、子どもにもわかりやすく語りかけているよ」

「モグラがありがとう~とよびかけた、春の空がやさしい色です」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

トップへ戻る