今日の絵本

ゼリーナ・ヘンツ 文

アロイス・カリジェ 絵

大塚勇三 訳

岩波書店

ずっと遠く、高い山の そのおくに、

みなさんみたいな男の子が、すんでいます。

ほーら、これがウルスリ、山の子です。

小さいながら、おとなみたいなかっこうです!

あたまには、やまのてっぺんみたいにとんがった、

とんがりぼうしがのっていますね。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ〜*

「スイスの『チャランダマルツ』は、3月はじめの日のおまつり」

「カウベルの鈴の音で冬を追い出し、春を迎え招くお祭りなんですって」

「青森には春をよぶおまつり 八戸えんぶりがあるね」

「いろいろな鈴の音が聞こえてくるよう」

「同じ作者の『大雪』と同様に子どもの気持ちや成長の過程がよく描かれてるね」

「山の上の月夜の場面が好きだなぁ」

「お母さん、お父さんの心配する場面、よくわかるわ〜」

「ドアが上下のセパレートになってるけど、これは雪国仕様?」

*あなたも絵本をひらいてみてね〜*

トップへ戻る