今日の絵本

51RwgQvMKYL._SX298_BO1,204,203,200_[1].jpg

フェリーダ・ウルフ 

ハリエット・メイ・サヴィッツ 文

エレナ・オドリオゾーラ 絵

さくまゆみこ 訳

光村教育図書

ゆきにおおわれた やまのおくに ちいさなむらがありました。

このむらのこどもたちは おおきな「おはなしのもうふ」に こしをおろして、

ザラおばあちゃんの おはなしをきくのが だいすきでした。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「おばあちゃん、おしゃれだわ~。編み針 をかんざしのようにさしてる!」

「昔は、毛糸を編み直して作りなおしていたね。」

「村のみんなが、自分の家の毛布をほどいてプレゼントしたんだね。」

「村人から贈られた毛布の毛糸は、お花畑のようだね。」

「最初のおはなしのもうふが小さくなって ぎゅうぎゅうにつめてお話を聞く場面も 好き。」

「新しいおはなしのもうふのパッチワーク の色合いが、参考になるわ。」

「編み物がしたくなるわ。」

「"どんな場合も答えがみつかるものさ''と いうところがいいね。」

「おはなしのあったかさと毛布のあったかさと相まってります、温かい気持ちになるね。」

「見返しのきれいな模様はこれだった!さいごまで読むとわかります!」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

トップへ戻る