今日の絵本

イソップ寓話

The Hare and the Tortoise

え ポール・ガルドン

ぶん さがの 弥生

童話館出版

むかし、うさぎが、足のはやさを じまんして、

みんなのまえで、こう いった。

「おいらが、その気になって すっとばせば、

おいらに 追いつくものは、いやしない」

「どうだい、ものはためしと いうものだ。

おいらと、かけっこしようってのは いないのかい?」

かめが、おもむろに こういった。

「それでは わしが、おまえさんの お相手、つとめることにしよう」

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ〜*

「イソップ寓話をふくらました日本語の文章が、リズミカルで調子よく読める」

「野原の景色がきれいですね」

「裏表紙の英字”Hare”って何???調べたら野うさぎのことで、足が速くて毛がふさふさのうさぎですって」

「教訓ものだけど楽しく読めます」

*あなたも絵本をひらいてみてね〜*

 

 

トップへ戻る