今日の絵本

宮沢賢治

堀内誠一 画

福音館書店

雪がすっかりこおって 大理石よりもかたくなり、

空もつめたいなめらかな 青い石の板でできているらしいのです。

「かた雪かんこ、しみゆきしんこ。」

お日さまが真っ白に燃えて ユリのにおいをまきちらし、

また雪をぎらぎら てらしました。

木なんか、みんなザラメをかけたように 霜でぴかぴかしています。

四郎とかん子は キックキックキック、野原に出ました。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「青空に子どもが二人、かたゆきかんこ、しみゆきかんことリズミックです」

「雪わたりは固いうちに渡れますが、雪が柔らかくなったら帰れなくなりますよ」

「きつね小学校の幻灯会の教訓は、お酒飲むべからず、火をけいべつすべからず、、」

「11才以下の幻灯会には、迎えに来たお兄さんも たぶん来たことがあると思う」

「宮澤賢治は、読んでもらうとその世界に入り込み、幸せになります」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

トップへ戻る