今日の絵本

新見南吉 作

黒井健 絵

偕成社

冷たい雪で牡丹色になった子狐の手を見て、

母狐は毛糸の手袋を買ってやろうと思います。

その夜、母狐は子狐の片手を人の手にかえ、銅貨をにぎらせ、

かならず人間の手のほうをさしだすんだよと、

よくよく言いふくめて町へ送り出しました。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「見返しの静けさ雪の原~いいわ~」

「文章が格調高い!」

「絵と文章がマッチしている」

「子どもたちは教科書で知ってると思いますが、じっくり絵本からほっこりした世界を感じてほしい」

「黒井健さんの幻想的な絵がいいわね~読んでもらうと心地よいわ~」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

トップへ戻る