今日の絵本

瀬田貞二 再話

赤羽末吉 画

福音館書店

むかし、あるところに、びんぼうな じいさんと ばあさんと あったと。

じいさんは、まいにち あみがさをこしらえては、 まちにいって、

それを売って、くらしていたと。

あるとし、おおみそかがきたので、

「ばあさん きょうは、おれ かさを五つもこしらえたから、

まちへいって、しょうがつのもち かってくる。

ことしこさ、いいとしとるべな」

といって でかけていったと。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ〜*

「『もかもか』という雪の降りかたの表現は、湿度の高い雪にぴったりね」

「見返しのお地蔵さんが、ぼかした墨絵のようでやわらかい」

「『よういさ、よういさ、よういさな』のかけ声が近づいて来る臨場感を作ってるね」

「屏風の『扇面ちらし』を切り取って絵本にしてるみたいだ」

「それでバックが紺色の和紙なのかな?」

「今日は小正月ですね」

*あなたも絵本をひらいてみてね〜*

 

トップへ戻る