今日の絵本

作/ジャクリーン・ブリッグズ・マーティン

絵/メアリー・アゼアリアン

訳/千葉茂樹

BL出版

そのむかし、

ある農村に、ウィリーという男の子がいました。

ウィリーは、なによりも雪が好きでした。

雪がふると、大よろこびでそとにとびだし、じっと見つめるのです。

ちょうやりんごの花もきれいだけれど、

雪の美しさは、どんなものにもけっしてまけない。

ウィリーは、そう思っていました。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ〜*

「カバーを外したら、表紙が全然違うよ。シックで素敵です。」

「雪の雰囲気の感じがとってもいいね」

「版画です」

「子供のために、牛10頭分の値のカメラを買ってあげるなんて、お父さんお母さんすごいね〜」

「貧しくても好きな事に打ち込んで得られる幸せがあるんだね」

ベントレーの写真は ぶろぐ+でおたのしみください。」

「私たちも雪の結晶の観察をしてみましょう!」

*あなたも絵本をひらいてみてね〜*

 

トップへ戻る