今日の絵本

ハリエット・ジィーフェルト ぶん

アニタ・ローベル え

松川真弓 やく

評論社

「戦争がおわったら、あたらしいオーバーを買ってあげようね」

去年の冬、お母さんがいった。

アンナの古いオーバーはすりきれてしまったし、

もう小さくなっていたから。

でも、戦争がおわっても、お店はからっぽだ。

オーバーもなければ、食べ物だってない。

それに、お金をもっている人もいなかった。

お母さんは、どうしたらいいか考えた。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「実話なんだね。」

「戦争が終わったころのドイツのお話」

「最初の見返しと最後の見返しのオーバーの色がちがうね。」

「おかあさんはアンナにオーバーを作ってあげるために、いろいろなものと交換したんだね。」

「赤は、コケモモ。どれだけ集めたのかなあ。」

「オーバーづくりに関わったみんなを呼んでクリスマスをひらいたね。平和になったんだね。」

「繰り返し読むと新しい発見がある。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

トップへ戻る