今日の絵本

森須磨子 文・絵

福音館書店

お正月にかざる「しめかざり」

野菜のゴボウみたいに長くてまっすぐな“ゴボウジメ”、

輪の下から房がたれているのは“タマカザリ”です。

扇やエビなどのかざりがついているものもあります。

お正月に、家の門や玄関にかざるのは、「年神様」という

お正月の神様をお迎えするためです。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「力強い絵!迫力がある!」

「地方によって、しめかざりがちがうよね。」

「すたれない習慣だね。」

「しめかざりが出来るまで、手間がかかっているね。」

「しめかざりの秘密がたくさんの載っていて、初めて知ることがたくさん。」

「清々しく、美しい。新しい年への願いなどの気持ちが入っているね。」

「さあ、私たちも準備をしましょう」

 *あなたも絵本をひらいてみてね~*

トップへ戻る