今日の絵本

518ZVMZ3NEL._SX339_BO1,204,203,200_[1].jpg

シャーロット・ゾロトウ 文

ルース・ロビンス 絵

みらい なな 訳

童話屋

ある町に、おちついた建物がならぶ、美しい通りがありました。

どの家の前にも木が植えてあり、いつも小鳥があつまって

ないていました。 

ところが、いつのまにかお金持ちだけが住む通りになり、

外で星を見るような人はいなくなりました。

ひとつ、ながいこと空き家になっていた家に、見た目は森の妖精のような

おじいさんが引っ越してきました。

クリスマスの日、クロケットさんは花屋の片隅の、枯れたモミの木を買いました。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「場面に合わせてページごとにバックの色が、水色やピンク…きれいです。」

「花屋をのぞく、クロケットさんが~かわいい」

「木に鳥が来るって嬉しい~色とりどりの鳥たちが作ったクリスマスツリー」

「まわりの冷たい目~しあわせは自分の心が決めるんだよね!クロケットさん」

残念ながら絶版のようです。図書館でさがしてみてね。

 *あなたも絵本をひらいてみてね~*

トップへ戻る