今日の絵本

美しい数学シリーズ

安野光雅

童話屋

ひとつ食べれば1年間 おなかがいっぱいになり、

ひとつうめると、つぎの年には かならずふたつ実がなる。

そんなタネをてにいれた なまけものの男が5年後、10年後には・・

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「見開きの横ストライプが斬新な感じ」

「"いいこと"に気が付いてからの "いくつの タネをまいたでしょう。"という問いに、

   子どもたちは 集中して計算したよね。」

「数学を通して、食べもの、自然に 感謝することを学ぶ本なんだね。」

「嵐が来て、実りを流して行ったね。」

「今年のように災害が多い年、こういう本で励まされるね。」

「今日は、勤労感謝の日。働くことや、実りに感謝したいね。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

トップへ戻る