今日の絵本

ーいのちの旅ー

レオ・バスカーリア 作

みらい なな 訳

童話屋

夏の間 笑いながらいっしょに踊ってくれた風が、

別人のように 葉っぱたちにおそいかかってきたのです。

葉っぱはこらえきれずに、吹き飛ばされ まきあげられ つぎつぎと落ちていきました。

風のうなり声の中からダニエルの声が きこえてきました。

「みんな 引越をする時がきたんだよ。とうとう冬がきたんだ。

ぼくたちは一人残らず ここからいなくなるんだ。」

フレディは悲しくなりました。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「葉っぱは どれもが似ているが同じ形ではないね」

「夏の涼しい木陰を作るのは 葉っぱの仕事です」

「経験したことのないものは、怖いと思うが、変化することは自然な事なんです」

「フレディは落ちた時に 初めて木の全体を見たのが印象的」

「また春はめぐってきて、命のつながりを感じるね」

「死を明確に説明できない大人のために書かれた本」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

トップへ戻る