今日の絵本

おざわとしお 再話

赤羽末吉 画

福音館書店

むかし、あるところに、ひとりのうまかたが いました。

あるひのこと、うまかたは、はまで どっさり さかなをしいれ、

うまのせに ふりわけにつけて、やまみちをのぼっていきました。

ひがくれて、とうげにさしかかると、やまんばが ぬっと でてきて、

「これ、まってろ。そのさかな おいてけ」と、しわがれごえでいいました。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「やまんばの''ばりばり くうと"が、印象的!」

「やまんばの" 蒼さ"が際立ってる!」

「わあ!恐ろしい!!!」

「おざわ先生が講演で、"昔話は、残酷だけど残虐ではない。"っていってました。

   グリム童話もしかり。

「途中から、縦開きで、はりといろりの高さが、内容がいかされてるね。」

「おさえた色調の赤羽さんの絵が素敵です。」

「恐いやまんばにも恐いものがあったんだね。」

「それは………。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

トップへ戻る