今日の絵本

瀬田貞二 再話

赤羽末吉 画

福音館書店

むかし あるところに、りょうしとむすこがあった。

あるあさ、りょうしは むすこのななつのいわいのために、

やまのもんでも、なにかとってこようと、

ながしにかけた、てっぽうを、おろそうとした。

ところが、うっかり、とりはずして、てっぽうがおちて、

したにあった いしうすに、 ガチンとぶつかり、

つつが、へのじに、まがってしまった。

「なんの、うすにあたればこそ、おおあたりよ。

まってろ、ななつのいわいを もってきてやるで」

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「この本で、"まのいい"という言葉を知ったね。

   まがわるいはよくつかうけど……」

「まのいいって、ついてるときのこと」

「言葉といえば、"いちごさかえた"という締めの言葉がいいね。」

「げんがいい。とか、ちどりがけ。とか普  段使わない言葉が出てくるね。」

「言葉のリズムがいいね。」

「赤羽さんの絵がダイナミック! 家に帰ってきた姿はすごいよ^^」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

トップへ戻る