今日の絵本

アーノルド・ローベル 作

まきたまつこ やく

冨山房

ずっとむかし、いろというものは ありませんでした。

ほとんどが はいいろで、

さもなければ、くろか しろでした。

そのころを はいいろのときと いいました。

まほうつかいが いました。

まほうつかいは、まいあさ まどをあけて

そとをみわたしながら、いいました。

「よのなか なにか まちがっとる。」

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「灰色から青色へ悲しい気持ち、黄色、赤色の気持ちはよくわかる」

「カラフルになって安心しました」

「色によって心理的に影響がありますね」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

トップへ戻る