今日の絵本

にしまき かやこ 作・絵

こぐま社

 月のかあさんには、たくさんの 星の子どもがおりました。

いつも かあさんのそばにいるのは まだ ちいさな男の子の星でした。

月のかあさんは 小さな星の子に

みどりのマントをきせて

「あまり とおくへは いかないのよ」といいました。

ちいさな星の子は ちきゅうにむかって とびたちました。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「星の子がとても魅力的」

「ふくろうはやはり知恵のポジションですね」

「ゆっくり読みたい夜のお休み絵本」

「山まゆは落ち葉の中で越冬する」

「糸のつくり方がわかります」

「山ねこさん優しかったね、ブドウもごちそうしてくれたね」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

トップへ戻る