今日の絵本

シャーロット・ゾロトウ さく

ハワード・ノッツ え

まつおかきょうこ やく

偕成社

 大きな まっかな おひさまが、あさから ずっと そらをてらしていました。

そしていま、一日が おわろうとしています。

あかるかった そらのいろは、あおから ピンクに、ピンクからふしぎな 夕がたのむらさきいろに かわりました。

小さなおとこの子は、ひるまが おしまいになって、ざんねんだなと おもいました。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「色彩がないのに色が見える、感じる。」

「ゾロトウの文章がいいわね。」

「このフレーズ~『何かの終わりは何かの始まり』~絵本は哲学でもあるよね?!」

「子どもが小さい この頃の親子の会話は、幸せな時間だね…。そして短い。懐かしい時間でもある。」

「こんな賢い会話のできるお母さんは、素敵だな~。」

*あなたも絵本をひいてみてね~*

トップへ戻る