今日の絵本

いせ ひでこ

講談社

<雲のしっぽ> 

あの子はかけていった。雲のしっぽにつかまって。

気がつくと、いつも空を見ている。

<明日の約束>

空から とどいたばら色の手紙。

明日も会えるね。

ー雲の世界は物語に充ちていて

その日の心もようと重なりながら

額ぶちのない展覧会ー

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ〜*

「ひつじ雲の羊たちの群れの中に一匹だけいる犬は、いせさんの亡くなった愛犬で、そこからこの絵本が生まれました。」

「悲しい想いの本だったのね、実は。」

「でも空を見るって癒されますよね。」

「9月の空は変化に富んで美しい。ぜひ眺めてみてほしいわ。」

「季節の変わり目はカッコいいな。」

「『幻日』巻層雲を初めて知りました。」

「最後には雲の名前のページがあります。」

*あなたも絵本をひらいてみてね〜*

 

 

 

トップへ戻る