今日の絵本

A STORY OF WEST AFRICAN DRUM&DANCE

沢田 としき

講談社

かわいた風にのり どこからか タイコの音がきこえてくる

木をくりぬいて作られた タイコには 一頭のヤギの皮が はられている

ヤギは死んで 皮をのこし 音になって また生きる パラン パラン

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「タイコの音が風にのってくる アフリカの大地に行ってみたい。」

「村人のコミュニケーション『環になって 和になって』の言葉がすき!」

青森出身の絵本作家 沢田としきさん まだ若いのにとても残念でした…。」

「グン ゴド パ グン ゴド パ  あの夏 沢田さんが ジンベ(太皷)をたたいてくれました。懐かしい思い出です。」

「アフリカの大地で いのちはじける歌とダンスは、生きることそのものなんだね。」

「青森でも今 ねぶた祭りの太皷の音が 響いています! ドーンド ドン ドン ド~ン」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

トップへ戻る