今日の絵本

新井真紀 文・絵

金の星社

あさがおの たねを まいてみましょう。

ねむっていた ちいさな いのちが、

ゆっくりと めを さまします。

春にたねをまくと、芽がでて ふた葉になり、つるをのばし、そらにむかって、どんどん のびていきます。

夏には花をさかせ、秋にはたくさんのたねができる。 自然のふしぎにみちた植物です。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ〜*

「あさがおのつぼみのひねり具合が美しいね~」

「ひと粒の種から200粒とれるのも、あるんだって!」

「本葉が出ると安心するね。」

「いろんな色の花があるよ。」

「今朝は何個さいたかなぁ、と子供たちも楽しみにしてるね。」

「あさがおの観察記録をつけたこと、あるでしょう?」

*あなたも絵本をひらいてみてね〜*

トップへ戻る