今日の絵本

H.A.レイ 文,絵

光吉夏弥 訳

岩波書店

じょうじは、かわいい こざるでしたが、

とても しりたがりやでした。

どうぶつえんの そとが どんなか、しりたくてたまりませんでした。

ある日、かかりの おじさんが、うっかりしているすきに、

そっと、じょうじは かぎをぬすんでしまいました。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「子どもの好きだったシリーズです。息子の姿と重なって、私も大好きなシリーズ」

「はちゃめちゃぶりが憎めなくて。楽しい」

「次は何をやらかすのか、ハラハラドキドキするね。」

「知りたがりが際限なくって感じだね。」

「お友達がそれをみんな許してくれる。人徳❓ならぬ猿徳なの?」

「アニメも変わらず人気だけれど、本も読んでね~」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

トップへ戻る