今日の絵本

文 フィリス・クラジラフスキー

絵 バーバラ・クー二ー

訳 光吉 夏弥

岩波書店

まちのはずれの 小さないえに、

ひとりっきりですんでいる おとこのひとが いました。

いつも じぶんでばんごはんをつくり、じぶんでそうじをし、

じぶんでねどこのしたくをして くらしていました。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「これは大変だ!どれだけお皿があるの??」

「文字がところどころ太字になってるよ。」

「いいかんがえ?雨がすっかりお皿を洗ってくれたね!」

「子ども達の反応も、え~ってびっくりしてたよ。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

トップへ戻る