今日の絵本

51i0don6OtL._SX432_BO1,204,203,200_[1].jpg

フランツ・ブランデンブルク さく

アリキ・ブランデンブルク え

ふくもと ゆみこ やく

偕成社

エドワードがびょうきになりました。

おかあさんは、ごはんをベッドに はこんでくれました。

おとうさんは、ねつがさがるように、つめたいタオルをあててくれました。

おばあちゃんは、たいくつしないように、ほんをよんでくれました・・・

「ずるいなあ、もう!」と、エリザベスはいいました。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ〜*

「インフルエンザが蔓延してまーす」

「風邪なんかの感染症って、兄弟は必ず時間差で移ってしまうもんですからね」

「体温計を口にくわえ足を重ねてる姿がなんとも愛らしい」

「良い家族ですねー、愛に包まれているということが全体のピンク色からも醸し出されてます」

「たまには病気になって休みたいと思うけど、なってみると健康が一番だと思うは子どもも大人もいっしょ」

*あなたも絵本をひらいてみてね〜*

519-K-z-WJL._SX440_BO1,204,203,200_[1].jpg

宮沢賢治

堀内誠一 画

福音館書店

雪がすっかりこおって 大理石よりもかたくなり、

空もつめたいなめらかな 青い石の板でできているらしいのです。

「かた雪かんこ、しみゆきしんこ。」

お日さまが真っ白に燃えて ユリのにおいをまきちらし、

また雪をぎらぎら てらしました。

木なんか、みんなザラメをかけたように 霜でぴかぴかしています。

四郎とかん子は キックキックキック、野原に出ました。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「青空に子どもが二人、かたゆきかんこ、しみゆきかんことリズミックです」

「雪わたりは固いうちに渡れますが、雪が柔らかくなったら帰れなくなりますよ」

「きつね小学校の幻灯会の教訓は、お酒飲むべからず、火をけいべつすべからず、、」

「11才以下の幻灯会には、迎えに来たお兄さんも たぶん来たことがあると思う」

「宮澤賢治は、読んでもらうとその世界に入り込み、幸せになります」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

51HZ3nziBPL._SX453_BO1,204,203,200_[1].jpg

こどもの色彩感覚を育てる絵本シリーズ ②

作・絵 とだこうしろう

戸田デザイン研究室

にっぽんの むかしから

つたえられた たくさんの

色のなまえから、

22色を あらわしてみました。

 

 *私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「右のページがそれぞれの22の色の紙になっています」

「日本の色は名前もすてき、意味も書いてありますよ」

「ぼたん色が好きです、キツネ色は揚げ物の色に使います」

「お雛様の緋色は夕日の色ですって~」

「朱色は朱肉の色、若草は春の色」

「絵本の会員は、手元に置いておきたくてみんな持っています~たぶん」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

51kQmZrkvsL._SX298_BO1,204,203,200_[1].jpg

作・絵 みやにし たつや

金の星社

あかちゃんのかお、

いつでも どんなときも

かわいいね

ニコニコニコ・・・わらっているかおも

クーーーー!おこったかおも

ハックション!くしゃみをしたときのかおも

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ〜*

「本当に子どもって、どんな時でもかわいい」

「どの顔も、あるあるってわかるね」

「うちの子どもも、こんな時もあったよー」

「ママがちゃんと子どもの小さい時のことを、覚えていていいね」

「これからも ずっとかわらない。いつまでも いつまでも とってもかわいい」

*あなたも絵本をひらいてみてね〜*

51ziF1C+VyL._SX388_BO1,204,203,200_[1].jpg

北村直子

偕成社

さむいひ えいぎょう

「ワタナベさん やってるー?」

「いらっしゃいませ、きょうも さむいですねー。」

「なににしようかねー。」

「きょうは おでんが おすすめですよ。」

「じゃあ、おでん4にんまえ もらうわ。」

ワタナベさんは なべひとつで りょうりをつくる めいじんです。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ〜*

「見返しは何だろう〜?テーブルクロス?フキン?」

「鍋料理のテイクアウトなんだね。こういうお店、あったらいいわー」

「鍋持参、ってこれからの時代にいいかも…」

「ワタナベさんに人格を感じるよ!」

「カレーの時はターバン巻いてて、可愛い!」

「フライパンじゃないのに、ナポリタンの注文⁉︎でも、頑張って作っちゃった」

あなたも絵本をひらいてみてね〜*

1 2 3 4 5 6
トップへ戻る