今日の絵本

なかのひろたか  さく・え

なかのまさたか レタリング

福音館書店

きょうは いいてんき。

ぞうくんは ごきげん。

「どれどれ、さんぽにでかけよう」

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「色合い、イラストが独特でとてもかわいい。」

「感性のままのイラストが、こどもたちに大人気です。」

「えーのっちやうの~重たいよ。」

「ほら、やっぱりね~」

「青森県出身の作家ですね。」

「もし、今日天気が良かったら、さんぽにでかけよう!」

「シリーズのおはなしもありますよ。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

岩崎 ちひろ/絵・文

武市八十雄/案

至光社

 

おかあさん どこまでいったか みてきて

だあれもいない おへやなの

すぐっていったのに まだかしら

 

私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「雨の降る日のお留守番は、心細いよね。」

「最初の不安から最後の場面の安心へ、色の変化でも表現されてるね。」

「にじみの技術が素晴らしい。女の子の心情が伝わります。」

「幼いころの不安な気持ち、雨の窓に映るよう。」

「ちひろ美術館で原画をみたね。原画はうつくしい。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

かんざわとしこ 文

ましま せつこ 絵

こぐま社

 

うめぼしさん うめぼしさん

あかいかおして しわよって

くちにいれたら すっぱくて

あかんぼうやら おとしよりやら

ちっとも かっとも わからんね

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「口が梅干しになってるよ!うー酸っぱい」

「梅の漬け方が学べますね。うめぼしさんの表情、かわいいよ。」

「梅づくしの遊びがたくさん、細かい所も梅のこだわり!」

「天神様は梅の中に~」

「ことばのリズムも、わらべうたのようで楽しいね。」

「そろそろ梅漬けの季節ですね。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

作・文・絵  司 修

文研出版

にちようびの あさは 

みんなのおしゃべりで とても にぎやか。

「ぼくの おとうさんはねえ

じてんしゃにのるのが とてもじょうずなんだ。」

「わたしのおとうさんなんか じどうしゃのうんてんができるのよ」

「あーら わたしんちのおとうちゃんは そらをとぶんだから」

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「みんなお父さん自慢、すごいね~。」

「どんどんエスカレートしてる。」

「そんな動物たちのなかで ねずみくんが…。むねがズキン。

「きみのおとうさんは???? えーと、えーと…」

「ねずみくんのおとうさんのことばがいいね。」

「みんなお父さんに肩車してもらったよ。」

「この本は、お母さんにはわからないけど、

  お父さんには「ピン」とくるみたいで、ずっと夫の本箱にありました。」

「きょうは父の日です。」「おとうさんだいすき!」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

中山圭子 文

阿部真由美 絵

福音館書店

まんじゅう、だんご、せんべい、どらやき、だいふく・・・

あなたの好きなお菓子はどれですか?

日本独特のお菓子で、「和菓子」と呼ばれています。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「きょうは和菓子の日だそうです。」

紫陽花のお菓子は本当にきれい。」

「伝統と匠の技なのね。」

「春の和菓子でお花見なんて素敵だわ。」

「夏のお菓子はキラキラしてて、涼しそう。」

「つぶあん、こしあん、あなたはどちらがすき?」

「まあ、作り方まで書いてありますよ。」

「お菓子に器は付きもの、器でイメージが変わるから大事だね。」

「『名前をつけてみて』という終わり方が良いね。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

1 2 3 4
トップへ戻る