今日の絵本

ーいのちの旅ー

レオ・バスカーリア 作

みらい なな 訳

童話屋

夏の間 笑いながらいっしょに踊ってくれた風が、

別人のように 葉っぱたちにおそいかかってきたのです。

葉っぱはこらえきれずに、吹き飛ばされ まきあげられ つぎつぎと落ちていきました。

風のうなり声の中からダニエルの声が きこえてきました。

「みんな 引越をする時がきたんだよ。とうとう冬がきたんだ。

ぼくたちは一人残らず ここからいなくなるんだ。」

フレディは悲しくなりました。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「葉っぱは どれもが似ているが同じ形ではないね」

「夏の涼しい木陰を作るのは 葉っぱの仕事です」

「経験したことのないものは、怖いと思うが、変化することは自然な事なんです」

「フレディは落ちた時に 初めて木の全体を見たのが印象的」

「また春はめぐってきて、命のつながりを感じるね」

「死を明確に説明できない大人のために書かれた本」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

FORTUNATELY

レミー・シャーリップ さく

やぎた よしこ やく

偕成社

あるひ、ネッドくんに てがみがきた。

「びっくりパーティーに いらっしゃい。」

よかったね。

 

でも、たいへん!

パーティーは とおいとおい フロリダで やるんだって・・・。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「日本語と英語で書かれています」

災難が白黒、ほっとした時がカラーと ハラハラドキドキが続きます」

「鮫の歯が印象的!怖い~」

「子どもも大人も大好きです」

「ほんと、楽しい!最後には、サプライズパーティー」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

ルドウィッヒ・ベーメルマンス 

瀬田貞二 訳

福音館書店

パリの つたのからんだ

ある ふるいやしきに、

12にんのおんなのこが くらしていました。

2れつになって パンをたべ

2れつになって はをみがき

2れつになって やすみました。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「パリの風景が楽しめます」

「ミスクラベルの駆けつけてくる時の角度に注目!」

「黄色一色のイラストが素敵です」

「女の子たちの表情が一人一人違いますよ」

「私たちもパリ旅行をマドレーヌちゃんと楽しみました~」

*あなたに絵本をひらいてみてね~*

サンドラ・ホーニング 文

バレリー・ゴルバチョフ 絵

なかがわちひろ 訳

徳間書店

あるあさ、おかあさんが コブタくんに いいました。

「もうじき おばあちゃんの おたんじょうびね。

なにか、おばあちゃんがよろこぶものを おくってあげましょうよ」

コブタくんのおばあちゃんは、とおいまちに すんでいるのです。

「おばあちゃんは、ぼくが ぎゅってするとよろこぶよ。

ぼく、おもいっきり ぎゅうーってしてあげたいな」

  あおぞらけん はらっぱまち

  はなさきどおり 562ばんち

    おばあちゃんへ

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「コブタくんがおばあちゃんへのハグを届けたい願い!」

「原題はジャイアントハグです」

「ギュの時、ヤマアラシさんは、針を寝かせました」

「キツネとアオサギは実は恋仲?」

「素敵な郵便のリレー」

「おばあちゃんのお返事は、特大のチュ―」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

トルストイ

バスネツォフ え

おがさわら とよき やく

福音館書店

ひとりの おんなのこが、もりへ あそびにいきました。

まよってしまって、かえるみちを さがしましたが、どうしてもみつかりません。

ふと きがつくと、もりのなかに ちいさないえがありました。

とがあいています。

のぞいてみると だれもいませんので、なかへはいりました。

このいえは 3びきのくまの いえなのです。

 

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

「懐かしい絵本。いろいろな挿絵で出版されているけど、これが定番ですね」

「お父さんぐまは、本当に大きいね。名前もとっても立派。怒った時の迫力!」

「こわい声で~。ちゅうくらいの声で~。ほそい声で~。この繰り返しが、分かっているけど、おもしろいね」

「見開きの絵がおしゃれ。風見鶏や花や木や植物の絵が素敵。ロシアを感じます」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

 

1 2 3 4 5 6
トップへ戻る