今日の絵本

那須正幹 ぶん

西村繁男 え

福音館書店

「ねえ、ほんとに歩いて行けるかなあ。」

「兄ちゃんに地図をかりるから だいじょうぶさ。」

小学5年生のシンちゃんとぼくは、中辻から野浜の岬まで、ふたりだけで地図旅行をすると 宣言した。

 

*私たちが絵本をひいてみたよ~*

「わぁ~絵のタッチが細かく丁寧に描かれた風景が美しい。」

「地図を見ながら歩いてるんですね~今はナビがある時代よ(笑)」

「目的地はどーこだ?ヒント海にあるものだよ。」

「最後のページに地図と一緒に歩いたコースが詳しく説明されてますね。」

「私達もこの絵本からヒントを得て、子ども達がまだ小さいとき、地元浅虫の地図旅行をしました。」

「絵本の会の子ども達が、みんなで編集した旅の絵巻絵本を ぶろぐ+で紹介しています。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

ぶんとえ ロバート・マックロスキー

やく わたなべしげお

福音館書店

 ペノブスコット湾の水面に

岩勝ちのみぎわをみせる

小島のつらなりの上で、

みてごらん、世界のときが

ゆきすぎるのが みえるから。

一分一分、一時間一時間、一日一日、季節から季節へと。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「ページごとの絵が素晴らしい!」

「この作品でコールデコット賞をもらいました。」

「このお話の舞台となるメイン州と青森県は姉妹都市。気候も青森位の温度かしら?」

「いろんな音が聞こえてくる絵本。貴方はどんな音が聞こえる?」

「長編絵本だわ~訳の文章が格調高い!子供にはむずかしい表現もありますね。」 

「このお話は誰が語ってる?お父さん?」

「風景のなかの~水.霧.雲.波の表現がとても美しい。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

田中静代・さく

福音館書店

 ある なつの ひるさがり。

まっかに うれた トマトさんが

トマトのきから どった、と おちた。

たいようが ぎらりと てって、あつくてたまらない。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「見返しの赤。そして、絵がユニーク!」

「アチチっと、暑さが伝わってきます」

「どったと落ちたトマトさん、完熟だね」

「ジャブーンと気持ち良さそう。生き返る!!」

「トマトさん。迫力だったね~」

「冷やしトマトの美味しい季節。たらいの水や川で冷やし、昭和を懐かしむのも良いかも」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

ジーン・ジオン さく

マーガレット・ブロイ・グレアム え

もり ひさし やく

ペンギン社

 「ぼく、はちうえの せわを することにしたんだよ、ママ。」

「ぼくね、なつやすみに りょこうするひとの はちうえをせわするんだ。

きんじょの ひとは みんな ぼくのおきゃくさんだよ。」

「まあ そんなことを?」

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「偉い!しっかり一日2セント貰うんだね」

「いつでも相棒のワンちゃんがいます」

「家の中がジャングルなんておもしろい。でも、パパの反応は?」

「図書館に行って『あなたの鉢植えは大きすぎませんか』という本を読んでいるよ」

「図書館で学ぶのが偉い!そして園芸店に行ったのがすごいね」

「鉢植えに対する愛情が伝わってくるね」

「絵本全体の色合いが素敵。いろんな色を使っていないのに緑を感じます」

 *あなたも絵本をひらいてみてね~*

増田 純子 作

福音館書店

 かぶとむしくん

かたあし あげて けん けん けん

りょうあし つけて

ほっぷ すてっぷ じゃーんぷ

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ〜*

「楽しい絵本だねー」

「真似っこして、ママと一緒に ほっぷ すてっぷ じゃんぷ してみよう!」

「切り絵のかぶとむし、表情ありますねぇ」

「0.1.2えほん 元気いっぱいだね」

*あなたも絵本をひらいてみてね〜*

1 2 3 4 5 6 7
トップへ戻る