今日の絵本

ウイリアム・スタイグ

せた ていじ やく

評論社

うららかな春の日、ぶたの少女パールは森のなかで、魔女がおとしたほねをひろいました。

それは話をするふしぎなほね。パールはほねをバックにいれて、

楽しく話をしながらかえるとちゅう、ずるがしこいきつねにつかまってしまいます。

食べられそうになった、そのとき…

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「スタイグの独特で不思議な世界。ドキドキしながらすすみます。」

「ものいうほねって?長いお話だけど会話につられて読めますね。」

「花畑の森がきれいだこと。春の日は、何もかも素敵です。」

「スタイグの作品は、ちょっと冒険と家族愛がテーマ。ほかの作品もまたの機会に。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

トップへ戻る