今日の絵本

 道浦母都子 文 

 金 斗鉉 絵

 福音館書店 

    

― 戦後の日本とわたしたちの歩み―

 

 ふるさと・・・過去、現在、未来のつながりを親子で話し合うために。

「おじいちゃんとおばあちゃんは 同じふるさとで生まれたの」

「戦争が終わって、平和の光があふれるような時代がやってきたんだ」

「そのころのおはなしをしようか」

「して、して!」

おじいちゃんとおばあちゃんは、孫に話しかけます

  

*私たちが絵本をひらいてみたよ~ *

「今日は昭和の日」

「なつかしの昭和、風景、くらし、遊び、私たちの思い出。」

「変わりゆく町並み、商店街もどんどんかわって、暮らしぶりの変化に注目!」

「初めての海外旅行は、ハワイ。1986年ごろ、コンビニもできてるよ。」

「開発が進み、便利になって、失ったものもあるね。」

「田舎でも、だからこそ郷土愛は深いよ。青森は。」

「未来へどうなる?平成ももう少し。」

「いつもかわらずに、平和であるということを願いたい。」

「一つの家族の歩みとして 語りかけているのがいいね。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

 

   

 

トップへ戻る