今日の絵本

林 明子 さく

福音館書店

よるになったよ

ほら、おそらが くらい くらい

おや やねのうえが あかるくなった

おつきさまだ

 

*わたしたちが絵本をひらいてみたよ~*

「これ、大好きな絵本です。何回読んだかわからない(^^)」

「空の色、きれいだな」

「今夜は十五夜ですよ~。さてどんなお月様に出会えるかな」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

やぎ たみこ

偕成社

あきのはじめのこと、

えんがわで、おじいさんとおばあさんが

おはぎを たべていました。

そのとき、おじいさんのおはしから

おはぎが ひとつ ころころころ・・・

「まてまて、おはぎ、

わしの おはぎちゃんやーい」

 

*わたしたちが絵本をひらいてみたよ~*

「縁側・・日本の景色です」

「おいしいおはぎの絵本と思ったら・・・奇想天外!おはぎの赤ちゃん?!ナンセンスを楽しむ絵本です」

「おじいちゃん、また落としてるよ!おじいちゃんの名前は(萩尾乙四郎)です( ^o^)」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

イ・オクベ 絵と文

みせ けい 訳

らんか社

あと 2つねると チュソクです。

さとがえりの じゅんびで みんな おおいそがし。

まだ くらいうちに ソリちゃんたちは いえを でました。

バスターミナルは もう 人でいっぱいです。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「韓国のチュソク(秋夕)は旧暦の8月15日、日本のお盆にあたります。今年は24日です。」

「ふるさとへ向かう、お盆の帰省ラッシュは 一つ一つ見るのが楽しい~」

「田舎にはタンサンナム村の守り神の大きな木がある」

「満月を眺めながら、外での食事が楽しそう」

「お隣の国は似ているところも、違うところもあるね」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

チョン・ジョンチョル 詩

イ・グンイク 絵

おおたけきよみ 訳

岩崎書店

 のはらで とんぼが しにました。

おはなの したで しにました。

ありが とむらい はじめます。

 らん らん   

 

 *私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「生と死を考える絵本、めぐりめぐる いのちのつながりです。

「韓国のお花が素敵です」

「アリの弔いですね」

「たらん・・韓国語でポツンと、ちょこなんとの意味ですが、リズミック」

「黄金の秋に自然に還っていく、きれいです。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

エリック=カール さく

もりひさし やく

偕成社

 あるばん、モニカが ベッドにいこうとすると、

まどから お月さまが とてもちかくにみえました。

「お月さまと あそびたいな。」

モニカは、お月さまのほうへ てをのばしました。

てをいっぱいにのばしても、お月さまには とどきません。

「パパ、お月さま とって!」

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「娘が大好きで、何度もよく見ました」

「しかけは横に、縦に、広がり夢いっぱい」

「ハシゴが長い~~~」

「おつきさまを手に取って遊べるなんて、良いな~」

「素敵なパパだね!」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
トップへ戻る