今日の絵本

ハッチンス さく

乾侑美子 やく

偕成社

おかあさんが クッキーを やきました。

「ほら、たくさんやいたのよ。ふたりでわけて、おやつにしてね」

「わあすてき。おなかがぺこぺこだったんだ」ビクトリアとサムはいいました。

「六つずつだね。ふたりはかぞえて いいました。」

ピンポーン。げんかんのベルがなりました。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ〜*

「中表紙がこげ茶色でクッキーのおいしさを連想する。」

「キッチンが50年代の最先端?床の模様もおしゃれです。」

「みんなでハラハラ、ドキドキしながらドアをみつめているところが笑ってしまう。」

「ねこもおこぼれを待ってます。」

「お母さんにとってもおばあちゃんのクッキーが最高の母の味。日本ならさしずめお団子かしらねえ〜。」

*あなたも絵本をひらいてみてね〜*

アーノルド・ローベル 作

まきたまつこ やく

冨山房

ずっとむかし、いろというものは ありませんでした。

ほとんどが はいいろで、

さもなければ、くろか しろでした。

そのころを はいいろのときと いいました。

まほうつかいが いました。

まほうつかいは、まいあさ まどをあけて

そとをみわたしながら、いいました。

「よのなか なにか まちがっとる。」

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「灰色から青色へ悲しい気持ち、黄色、赤色の気持ちはよくわかる」

「カラフルになって安心しました」

「色によって心理的に影響がありますね」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

LONESOME PUPPY

絵と文 奈良美智

マガジンハウス

ぼくは いつも ひとりぼっちで

とても さみしかった。

だれか どっかから やってきて

ともだちに なってくれないかって

いっつも おもってた。

だって ぼくは ほんとに

ひとりぼっちで さみしかったんだ。

うそじゃ ないよ。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「絵本全体の色がシックで素敵!」

「おんなの子の独特な表情。かわいらしくも見えるよ」

「だいじなのはさがす気持ち。だれかがきっと君を待っている。きっとそうだよね」

「私たち青森人にとっては、とても身近なあおもり犬です」

冬には雪の帽子をかぶっているよ」

「青森県立美術館に会いにいらして下さい!」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

 

彦坂有紀・もりといずみ

講談社

にんじんが とろーりスープに

なりました。

ごくっ

じゃがいもが

とろんとろんのスープに

なりました。

ごくごく

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「さらさら、こくこく、スープの素材で違いがあります」

「どのスープも やさしい色と柔らかい仕上がりです」

「浮世絵の手法で作られた木版画」

「どれも とてもきれいなスープで試してみたくなる」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

加藤休ミ

偕成社

ゆうがたの しょうてんがい。

さかなを かっている

おかあさんが いるよ。

ばんの おかずに するのかな。

ああ、いいにおい。

きょうの ごはんは なーに? 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「立派なサンマですね!Lサイズ?かしら~焼き焦げが美味しそう。」

「お向かいさんに、お隣さん~皆でご飯は楽しいね!ご近所の仲良しな繋がりが見えるわね。」

「ネコが『ごはん』パトロールしてる?案内役かしら~。かわいい。」

「手作り料理が リアルに美味しそうではありませんか?!」

「絵をよーく見てみて~ はじめの商店街に皆が居るよ!見つけてみて~。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
トップへ戻る