今日の絵本

谷川俊太郎 原詩

飯野和好 絵

絵本館

いもくって ぶ

くりくって ぼ

あるいて び

すかして へ

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ〜*

「見返しはおならのイメージ?」

「絵がすごい! 迫力あるねー」

「子どもたちに大受けの本!!」

「この本見て、笑わない人はいないね」

「おならをした人の周りの反応がおもしろい」

「ぶ ぼ び へ ぴゅ ぽ ぴ す ぱ ぷ ぴょ」

*あなたも絵本をひらいてみてね〜*

絵巻えほん

馬場のぼる

こぐま社

アコーディオン式に折りたたまれた 全長2.8メートルのパノラマ画面で、

ねこのくにのマラソンのスタートからゴールまでが一望できます。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「マラソンの取材は本格的!」

「ビルのネコだかり応援、テレビでの応援、レストランで食事の関心のないネコも」

「山越えのコースも給水ポイントもあります」

「手塚治虫がどこかにいるよ!」

「一等賞は、11ぴきのねこの彼です」

馬場のぼるの作品の世界がたくさん出てきます」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

馬場のぼる

こぐま社

11ぴきの のらねこが いました。

11ぴきは、いつも おなかが ぺこぺこでした。

「あっ さかなが おちている。」

「さかなだ さかなだ。」

ニャゴ ニャゴ ニャゴ ニャゴ

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ〜*

「表紙は、鰯雲にうっとりみとれている 11ぴきのねこたちです。」

「ああ、やっぱり食べるの がまんできないよね。」

「人間臭い、ねこだけど(笑)失敗しながら生きていく。」

「青、ピンク、緑の色使いにも惹かれます。」

馬場さんは青森県三戸町の出身です。

*あなたも絵本をひらいてみてね〜*

 

ディック・ブルーナ ぶん/え

まつおか きょうこ やく

福音館書店

あるひ おかあさんが いいました。

いいこと かんがえたわ。

びじゅつかんへ いこうと おもうの。

いっしょに いきたいひと いる?

ああ、いいね。いっしょにいこう。

でも、うさこは ちいさすぎるんじゃないかね と

おとうさんが いいました。

ちいさすぎる? どうして?

わたしもう おおきいよ。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「うさこちゃんの初めての美術館。本物の作品を見ることができたね」

「画家になる夢もできたね」

「子どもも美術館に行けるようになったね。子ども用の案内を見かけます」

「小さい頃から美術に馴染めるようにね」

「芸術の秋です」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

マリー・ホール・エッツ ぶん/え

まさき るりこ やく

福音館書店

ぼくは、かみの ぼうしを かぶり、

あたらしい らっぱを もって、

もりへ、 さんに でかけました。

すると、おおきな らいおんが、 ひるねを していました。 

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ〜*

「たのしそう!」

「ライオンは髪をといて身だしなみを整えて、さすが風格があります。」

「表紙の茶色が額縁の様に見えて効果的です。」

「最後に『また、さがすからね』という子どもに『また、まっててくれるよ』というお父さんの返事がやさしい適切な対応だわ」

「ハンカチ落としも、ロンドン橋落ちたも よく遊んだね。」

*あなたも絵本をひらいてみてね〜*

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
トップへ戻る