今日の絵本

モーリス・センダック さく

じんぐうてるお やく

冨山房 

あるばん、マックスは おおかみの ぬいぐるみをきると、

いたずらをはじめて

おおあばれ・・・

おかあさんは おこった。「このかいじゅう!」

マックスは まけずに、「おまえを たべちゃうぞ!」

とうとう、マックスは ゆうごはんぬきで、 しんしつに ほうりこまれた。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「線が、こまかいね。」

「色が、深い。」

「かいじゅうのぬいぐるみも あったね。」

「センダックの絵本、結構読んだよ。楽しめる時期があるかな。」

「センダックの世界は、子どものほうが単純に入り込めて楽しんでいるね。」

「おいしいにおいに呼び戻されるまで、想像の世界で、たっぷり」

「あー、ゆうごはんがあって、よかったね。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

まつおか たつひで

ポプラ社

かえるが・・・   ぴょーん

こねこが・・・   ぴょーん

いぬが・・・   ぴよよよよーん

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「こんなに小さな本だったんだ~と思った」

「大型絵本にもなっていて、そっちを知ってるせいかな。」

「単純だけど、迫力のある絵だね。」

「つぎはなにかな~と楽しいね。」

「正方形の本を縦に開くのが楽しいね。」

「子どもをおひざに乗せて読みたいな。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

加古里子 さく/え

福音館書店

だるまちゃんが そとに あそびに いこうとしたら

あめが ふってきました。

かさをさしてでたら へんなものが おちてきました。

そしてーーー ぴか ぴか ごろごろ がらがら どしんと

ちいさな かみなりちゃんが おちてきました。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

ケンケンパーがあるよ。福井のかこさとしふるさと絵本館 に行ったときあったねえ。」

「かみなりちゃんの住む所、かみなりまち いなずまどおり ごろごろばんちは 未来都市だね。」

「1968年初版だから、当時の描き方としては ゆめいっぱい、素晴らしいね。」

「かみなりちゃんの身の回りは、なにもかもカミナリ型って楽しいね~さすが かこさんです!」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

さく アルビン・トゥレッセルト

え  ロジャー・デュボアザン

童話館出版

いどの中に かえるが一ぴき すんでいました。

そのいども なかなか すてきでしたよ~

ふかくて ひんやり あおがえるには ぴったり。

じぶんのすてきな すがたをみるにも ぴったり!

いどには わたぐもがながれている あおぞらの てんじょうがありました。

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「色合いがいいねぇ!おしゃれ〜。」

「いどの天井が、昼も夜も すてきですね。まんぞくな日々。」

「水がなくなって、食べ物がなくなって、初めて一歩を踏み出したかえる!」

「ピンチはチャンスってことかな。」

「せかいのはてをもとめ、ひとつひとつたしかめて、楽しくなっていくかえるくん。」

「わあ~すごい ガアガア、グワッ、グワッ、仲間がいっぱいだ!」

「どぶんと なかまいり! よかったね。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

ピーター・スピアー

評論社

庭でおねえちゃんとおとうとが遊んでいます。

黒雲が近づいてきて、雨が降り出してきました。

急いで家に帰り、レインコートに長靴、傘をさして再び外に。

おもいっきり、雨の中の冒険です!

文字のない絵本

 

*私たちが絵本をひらいてみたよ~*

「見返しからおはなしがはじまっていますよ。」

「雨の中に送り出してくれるお母さん、いいですね。」

「幼いころの、雨の日の あるある がいっぱいです。」

「雨が降っても、晴れても楽しそう。にぎやかな声が聞こえてきそう。」

「雨の描写も、夕方から夜、そして朝にかけての変化がとてもきれい。」

*あなたも絵本をひらいてみてね~*

 

1 2 3 4 5 6
トップへ戻る